Jae Eun Choi: The Oldest Story of Today …

Jae Eun Choi Messenger, 2022, Steel Gold Foil / Readymade remake, 280 x 300 x 50 mm

崔在銀 Jae Eun Choi
The Oldest Story of Today …

Friday, April 8 – Saturday, May 28, 2022
Tuesday-Saturday 12:00-19:00 (Closed on Mon, Sun, Public holidays)

INSTALLATION VIEW

Photo: Keizo Kioku

Press Release

Download Press release (English)
Download Press release (日本語)

「The Oldest Story of Todayは崔在銀の世界観を圧縮したものと言える。 災難と戦争の時間を生きているわたしたちの今日を、今日以外に何と呼ぶのだろうか?今日はただ私たちに与えられているものであり、それと同時に永遠に到来するものでもある。それは塩のように生々しく、吹き散らされる灰のように何も残さない。この『今日』は皆の記憶の中に刻まれるだろう。」

—ジンサン・ユウのテキストから

生命の循環や時間をテーマに制作を続けている崔の新作インスタレーションは、塩と灰、そして鹿、それらの上を流れる空の写真作品、小さな雫の落ちる音で構成され、太古から続く時間と生命の無限の廻転からなる物語を、叙事詩的な構成で静かに浮かび上がらせます。

床に小高く積み上げられた塩の一部は灰に覆われ、金色の脚を持つ鹿の彫刻が一頭配置されています。人間が生きていく上で欠かせない塩は、古代文明では金と同等に取引され、塩の権利争いや塩税は戦争や革命の引き金となってきました。塩の歴史は人類の歴史でもあり、さらに日本では盛り塩やお清めなど宗教的な風習にも用いられます。一方、その塩の上に撒かれた灰は、炎によって崩壊し、再び戻ることなく保存もされない幾多の犠牲に対する、失われた記憶を呼び起こします。

日本をはじめとする世界各地の神話に登場する鹿は、神的存在としてまた霊的な媒介者として描かれますが、ギリシャ神話では神の存在を盗み見た罰として鹿に変えられたアクタイオーンが知られています。金色に染まった脚は、見てはならないものを見た罪で罰を受けた犠牲者として、その原罪的な視線を通じて姿を現した、世界と自然の秘密を象徴しています。

崔は2011年4月にイタリアプーリア州にある、海辺のオリーブ園で1日24時間、1分に1カットずつ、計1440カットの空の写真を撮影するPuglia Sky Projectを行いました。本インスタレーションではそのプロジェクトから、日没と夜明けにそれぞれ9分間に渡り刻々と変化していく空を撮影した計18枚の写真が並びます。東西を海で囲まれ、多くの民族や権力者から支配されてきた長い歴史を持つプーリア州の村において撮影された一連の写真は、宇宙の変わらぬサイクルとその下で異なる時を生きる我々の時間が対比されるのです。

宇宙の時間軸の中で、刹那に過ぎない生きとし生けるものの時間の循環と共有を独自の言葉で提示する本インスタレーションは、人間の辿ってきた道、現在の社会や世界の状況など様々なことに思いを巡らせるきっかけになるのではないでしょうか。

崔在銀 Jae Eun Choi
草月流終了後、三代目家元、勅使河原宏のアシスタントとして数々のインスタレーションや、映画「利休」の制作に携わり、80年代から生命や時間をテーマに作品を発表している。1986年に草月プラザ イサムノグチ彫刻ガーデン「天国」の空間において、土のインスタレーション「Earth」を発表。1993年 大田国際博覧会 Expo’93(韓国、テジョン)において政府パビリオンRecycle Art Pavilionをデザイン。同年、ユネスコパリ本部ピアッツァ広場で行われたパリ大茶会で 安藤忠雄、シャルロット・ペリアン、エットーレ・ソットサスらとお茶室「Une surrender lune (もう一つの月)」を発表する。1996年-2000年、ソンチョル僧侶(Grand Master Seongcheol)の舎利塔をデザイン(韓国、海印寺)。2000年 ドキュメンタリー映画「On The Way」を制作。91年サンパウロ・ビエンナーレ、95年には日本代表の1人として第46回ヴェネチア ビエンナーレに参加、2016年に第15回ヴェネチア建築ビエンナーレに出品するなど国際展への参加多数。主な個展として、「ルーシーと彼女の時間」サムソンロダンギャラリー(ソウル 2007年)、「アショカの森」原美術館(東京 2010年)、プラハ国立ギャラリー(2014年)、「The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project」(原美術館、東京、2019)など。進行中のプロジェクトには1986年に開始し、世界7カ国に和紙を埋めたのち時を経て掘り起こす、時間を表すプロジェクト「World Underground Project」の他、2014年に立ち上げた韓国のDMZ(Demilitarized Zone:非武装地帯)での「Dreaming of Earth Project(夢の庭園)」の延長線で、破壊された森を復元させる計画に取り組んでいる。

Download Nulled WordPress Themes
Download Premium WordPress Themes Free
Download WordPress Themes
Download Premium WordPress Themes Free
udemy course download free
download lenevo firmware
Download Nulled WordPress Themes
free online course

WORKS

Jae Eun Choi
Puglia Sky Project 2011
The Cyclical Night
2022
A set of 18 inkjet prints
426 x 286 mm
Edition 4
Jae Eun Choi
Messenger
2022
Steel, Gold Foil / Readymade remake
280 x 300 x 50 mm
Sold as a set with installation
Jae Eun Choi
Disappearing souls...
Installation
2022
Salt, ash, debris and sound
5000 x 3000 x 450 mm
2022-03-30|
SAME TAG POSTS