磯崎新 追悼公演 「ペルシャと日本の古典音楽にみる 『間』の響き」

1978年、建築家 磯崎新によるキュレーションのもと、パリで行われた伝説の展覧会「MA Space-Time in Japan」(邦題「間-日本の時空間」)が、2023年秋、シルクロードをつなぐイランの各都市にて、新たな解釈のもと開催されます。「間」シルクロード展の開催に先立ち、5月30日(火)、江之浦測候所にて、イランと日本の古楽器奏者による1日限りの演奏会がプレ・イベントとして行われます。

ミルアリ・フサイニ「光の充溢」16世紀写本 ©Arthur M. Sackler Gallery

磯崎新 追悼公演「ペルシャと日本の古典音楽にみる『間』の響き」

開催日時: 5月30日(火)12:30~16:30(公演時間14:00~15:45)
※公演前に江之浦測候所内をご見学いただけます。
会場: 小田原文化財団 江之浦測候所
神奈川県小田原市江之浦362−1
一般チケット(税込):  10,000円
特別チケット(税込):  200,000円 (磯崎新版画付き/10名様限定)

※本公演のチケット収益は、「間」シルクロード展の開催のために充てられます。

Arata Isozaki,  DOMUS; La Casa del Hombre, 1995,  Silkscreen print, Image size 55 x 55 cm (21.7 x 21.7 in),  Paper size 90 x 61.5 cm (35.4 x 24.2 in),  Edition of 100

版画「DOMUS; La Casa del Hombre」について:スペイン北西部の都市、ア・コルーニャの大西洋に突き出した半島西側に建つ、1995年に竣工した人科学博物館「DOMUS」は、磯崎が最も気に入っていた建築のひとつです。

主催:「間」展実行委員会
協力:公益財団法人小田原文化財団、一般社団法人日本建築文化保存協会

一般チケット 申込み方法:小田原文化財団公式ホームページ見学案内ページよりご購入ください。
磯崎新版画付き特別チケットは、info@misashin.comまでお問い合わせください。

交通アクセス:JR東海道線根府川駅より無料送迎バスを運行します。
行き:根府川駅発   12:15~13:30の間で随時運行
帰り:江之浦測候所発 15:45~16:30の間で随時運行


出演者:
音楽監督|土取利行(アジアン楽器)

イランからの音楽家|Ali Akbar Dadashzadeh(ペルシャ古典楽器・ウード、セタール)、Mahsa Azimi(ヴォーカル&イラン古典楽器タール)、Hamidreza Safi(ペルシャ古典楽器・ケマンチェ)

日本からの音楽家|中村仁美(雅楽:篳篥)、音無史哉(雅楽:笙)、伊崎善之(雅楽:琵琶・龍笛)、石坂亥士(神楽太鼓)、松田美緒(ヴォーカル)

Premium WordPress Themes Download
Free Download WordPress Themes
Download WordPress Themes Free
Download Best WordPress Themes Free Download
download udemy paid course for free
download lava firmware
Free Download WordPress Themes
free online course
2023-05-02|
SAME TAG POSTS