伊庭靖子:千總ギャラリー

伊庭靖子は2022年7月7日から、千總ギャラリーの「外に内に染む」に参加いたします。

本展は伊庭の作品制作における対象の広がりと、千總ギャラリーの2022年のコンセプトである「外と内」が共鳴し実現しました。新作を中心に2点の風景画をはじめ、屋内のモチーフを描いた作品などが展示されます。伊庭の絵画世界をぜひご堪能ください。

また、本展ではアーティストの推薦人として作家・原田マハ氏の解説文が寄稿されています。解説は会場および展覧会フライヤーにてご覧いただけます。

 

外に内に染む

開催期間:2022年7月7日(木)~9月5日(月)
開館時間:11:00-18:00
入場無料 / 火曜、水曜休館  ※開館日・開館時間は千總本店の営業時間に準じます。
会場:千總ギャラリー〈ギャラリー2〉 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80 千總本店2階

詳細は公式ページをご確認ください。

  • 伊庭靖子 Untitled 2022-03, 130.3x130.3cm
  • 伊庭靖子 Untitled 2021-16, 41x31.8cm

About the Artist

伊庭靖子
1967年京都市生まれ。嵯峨美術短期大学版画科専攻科修了。1999年、フランス・モンフランカン(ダイムラークライスラーグループ アート・スコープ)、2001-2002年、ニューヨーク(文化庁在外研修員)にて滞在制作。主な個展に「まばゆさの在処」神奈川県立近代美術館鎌倉館(2009年)、国立新美術館、府中市美術館、横須賀美術館、平塚市美術館など多数の展覧会に参加。神奈川県立近代美術館、資生堂アートハウス、東京都現代美術館をはじめ、The Cleveland Museum of Art(米国)など国外も含め多くのパブリックコレクションに所蔵されている。

Artist Page

 

千總ギャラリー

千總ギャラリーは京都の烏丸御池近くにある、1555年創業の千總が所蔵する作品を展示する為、1989年に開設されたギャラリーです。
パトロンとしてアートを支え、また生み出した歴史を背景に、現代に工芸とアート、伝統と創造、過去・現在・未来が交差する場として、美との出会いを提供しています。
https://www.chiso.co.jp/honten/gallery/

 

Download WordPress Themes
Download Nulled WordPress Themes
Premium WordPress Themes Download
Free Download WordPress Themes
udemy paid course free download
download coolpad firmware
Download WordPress Themes
ZG93bmxvYWQgbHluZGEgY291cnNlIGZyZWU=
2022-07-06|
SAME TAG POSTS