Back Seung Woo “Blow Up”

Back Seung Woo Blow Up 2011
Installation view at MISA SHIN GALLERY
Photo: Keizo Kioku

Back Seung Woo Blow Up 2011
Installation view at MISA SHIN GALLERY
Photo: Keizo Kioku


Back Seung Woo バク・スンウ
Blow Up
Friday, March 4 – Saturday, April 16, 2011

PRESS RELEASE

Download Press Release (日本語)

バク・スンウは1973年韓国生まれ、現在はロンドン、ソウルを中心に活動しています。今回の個展では、今も世界の中で孤立し不透明な国、朝鮮民主主義人民共和国の首都、平壌を題材にしたBlow UpとUtopiaシリーズの作品を展示いたします。

Blow Upは、2001年にバクが平壌に滞在し、撮影した写真をもとに制作されたシリーズです。平壌での撮影は、徹底した監視と統制の下限られた区域に限定され、さらにフィルムは検閲によって大部分が切り取られた後没収され、バクの手元に残ったフィルムは典型的な平壌の風景でした。数年後、その写真の中からバクは何気ない事象に注目し、タイトル『Blow Up』が意味する通り“拡大”を試みます。35mmフィルムを数十倍に引き伸ばすことにより浮かび上がってきたざらついたイメージは、理想都市、平壌の姿を海外に示したい政府の思惑と違った、現実としての側面でした。それは、シャッターを押す瞬間には知覚されなかったものが、時間を経て部分的に引き伸ばされるというプロセスを通じて新たな知覚を呼び起こすことであり、拡大という介入により、バクは、北朝鮮という非現実的な世界を一層現実的に浮かび上がらせることになるのです。

一方Utopiaは1970年代に撮影された北朝鮮のプロパガンダ写真をもとに、写真の中の建築物の階層を増やしたり、橋でつなぐ事によってユートピアとしての新たな都市のランドスケープを作り出します。バクにとって「映画、トゥルーマン・ショーのセットのように見えた」平壌は、コンピューターによる操作を経てさらに非現実的な情景になります。

本展では、Blow Upシリーズより40点を一挙に壁一面に、またUtopiaシリーズより2点と立体作品一点を展示いたします。バク・スンウの写真作品は、多層な現実/非現実を描き出し、さまざまな世界を積極的に提示します。

バク・スンウ
1973年、韓国生まれ。韓国、イギリスの大学・大学院で写真を学び、現在はロンドン、ソウルを中心に活動する。『Photography Now China, Japan, Korea』サンフランシスコ近代美術館(サンフランシスコ、2009年)、『Dreamland』ポンピドゥーセンター(パリ、2010年)などのグループ展に参加し、Artsonje Center(ソウル、2011年)にて個展を開催予定。ヒューストン美術館、サンフランシスコ近代美術館などに作品が所蔵されている。

Download Nulled WordPress Themes
Download Nulled WordPress Themes
Download Best WordPress Themes Free Download
Download Nulled WordPress Themes
download udemy paid course for free
download lava firmware
Download WordPress Themes
lynda course free download
2018-09-11|
SAME TAG POSTS