Ken Lum “2000s to Present”

Ken Lum 2000s to Present 2011
Installation view at MISA SHIN GALLERY
Photo: Keizo Kioku

Ken Lum 2000s to Present 2011
Installation view at MISA SHIN GALLERY
Photo: Keizo Kioku


Ken Lum ケン・ラム
2000s to Present
Date: Thursday, December 15, 2011 – Saturday, March 3, 2012

PRESS RELEASE

Download Press release (English)
Download Press release (Japanese)

<日本語は英語の後に続きます>

Ken Lum, born in 1956, is an internationally active artist based in Vancouver. His work approaches everyday social structures with a critical eye and an ironic sense of humor, traversing a wide variety of media that includes photography, sculpture, painting and installation.

LUM’s art is concerned with the ways in which identity formation intersects with society’s transformation. This focus is deeply connected to his birth to Chinese immigrant parents in Vancouver, a city of numerous ethnic groups. In his works which use the visual language of public signage, billboards, logos and the mass media, he aims to demystify the tensions and contradictions of living in an increasingly globalizing world. His chosen approach continues to question the very nature of culture in contemporary society, by dismantling pleasant phrasings and blurring the boundaries between high art and popular culture.

Five representative works produced since 2000 will be presented.

He began his Portrait-Repeated Text project in 1994. The people depicted appear to clearly be from the lower economic classes, and the repeated phrases featured alongside the photos seem to be venting their inner worries. “Cheeseburger” depicts a man who looks like a Chinese immigrant taking a break in a restaurant kitchen, while the words of the menu appear next to him. We sense a kind of obsession with the fact that in English, which is new to him, the language of the menu is more important in his daily life than other words we might ordinarily think of as useful. Moreover, the picture depicts a break or pause in the man’s working day. His sputtering of the menu during this moment of rest suggests certain madness has taken hold of him.

In his Shopkeeper Sign series, LUM inserts personal murmurings and political statements into what should otherwise be purely functional signs, confounding their original purpose. “Hanoi Travel” is a travel agency sign, in which the insertion of the line “WE REMEMBER THE PEOPLE’S WAR” immediately strikes a minor note, while simultaneously raising questions about the private sphere and public culture.

The Strip Mall Sign series, a collection of small business signs that might be found almost anywhere, suggests the state of the lives of immigrants on a global scale, as well as pointing to a homogenization of their identities. His work tells the story of the current state of immigrant communities through things like white spaces indicating a dearth of tenants, and the inclusion of phrases like “CHECK CASHING”.

LUM has represented Canada at numerous international exhibitions including DOCUMENTA 11 (2002), the Istanbul Biennial (2007), and the Gwangju Biennial (2008). In addition to working on large-scale public art work in places like Canada and Europe, he has curated the show “The Short Century” (2001) in collaboration with curator Okwui ENWEZOR.

This will be LUM’s first solo show in Japan exhibiting his masterworks since 2000. We look forward to seeing you at this momentous event.

ケン・ラムは、1956年生まれ、カナダ、バンクーバーを拠点として国際的に活動しているアーティストです。日常を取り巻く社会構造への批評的な視点とアイロニカルなユーモアを持った作品は、写真、彫刻、ペインティング、インスタレーションと多岐に渡ります。

社会における、絶え間ない文化的変容と、その変容によって形作られていくアイデンティティーなどへのラムの興味の対象は、バンクーバーという多くの民族、文化が重なり合う都市で、中国系移民の子として生まれたことと深い関連があります。サインやビルボード、ロゴなどマスメディアにあふれかえる視覚的な言語を用いた作品で読み解こうとする対象は、ますますグローバル化する世界における生活の中での緊張感や矛盾です。そのアプローチは、舌触りのいい文句を解体し、ハイアートと大衆的な趣向の境界をあいまいにさせ、現代社会における文化とはなにかを問い続けます。
本展覧会では、ラムの代表的なシリーズの中から、2000年から今年までに制作された5点を展示いたします。

ポートレイトテキストのシリーズは1994年に始まりました。ステージセットのようにしつらえられたポートレイトに登場する人々はその見なりから明らかに下層階級の人々であると思われ、そこに不安定な感情を表出したような繰り返しのフレーズによるテキストが添付されています。「Cheeseburger」は、中国系移民らしい男性がレストランの厨房で休憩をしている写真にその店のメニューがテキストとして並びます。その男性にとって新しい言語である英語で書かれたメニューは、日常使う言葉より生活をする上で重要性を帯びています。また、彼が休憩中にもかかわらずメニューを繰り返す姿は、何かに取り憑かれた様相を呈しています。

ショップキーパーサインシリーズは、コマーシャルな機能を持つはずの看板に、個人的なつぶやきや政治的なステイトメントを挿入することで、本来の目的を混乱させる作品です。「Hanoi Travel」は、旅行会社の看板ですが、「WE REMEMBER THE PEOPLE’S WAR」というメッセージの挿入により、たちまち不調和音を奏で出すと同時に、看板というメディアを用いることによって、公共文化におけるプライベートな領域についても疑問を投げかけています。

ストリップモールシリーズは、どこにでもある小規模な商店の集合看板ですが、そこにはグローバルな規模で起こっている移民の現状と、アイデンティティーの均一化が示唆されています。英語や漢字で書かれた店の名前や、テナントの移り変わりを暗示する空白に交じって、銀行口座を持たない人たちのための「CHECK CASHING」の看板が移民社会の現状を物語ります。

ラムはカナダを代表するアーティストとして、ドクメンタ11(2002年)やイスタンブール・ビエンナーレ(2007年)、光州ビエンナーレ(2008年)など多くの国際展に参加しています。また、カナダやヨーロッパにおいて大規模なパブリック・アートも手掛けているほか、キュレーターのオクウィ・エンヴェゾーと共に「The Short Century」展(2001年)のキュレーションも行っています。

本展覧会は、2000年から2011年の最新作までの代表作からなるラムの日本で初めての個展です。どうぞ、ご期待ください。

2018-09-11|
SAME TAG POSTS