消滅より始めよ
Begin with Vanishment

MATSUZAWA Yutaka
松澤宥
Apr 24 - Jun 14, 2014
Back to List

松澤宥は1964年6月1日に「オブジェを消せ」という啓示を受け3日間の苦悶の後、6月4日にものを排除し文字や行為のみの作品を制作しようと決意します。以降一切の物質に頼ることなく「観念美術」を制作することとなりました。
MISA SHIN GALLERYでは、現在開催中の展覧会「松澤宥:消滅より始めよ」の期間中にその50年目が巡ってくることを記念して、2つのイベントを開催します。

トーク「松澤宥を観じよう」
2014年6月7日(土)14:00ー15:00
富井玲子(美術史家、ポンジャ現懇主宰 )
※事前申込は必要ございません。

現在展示中の「松澤宥:消滅から始めよ」の作品について、ニューヨーク在住の美術史家、富井玲子さんが「松澤宥を観じよう」と銘打ったトークを開催します。富井さんは「グローバル・コンセプチュアリズム」(クイーンズ美術館、1999年)、「センチュリー・シティー」(テート・モダン、2001年)など共同企画展において松澤宥を取り上げ、欧米の文脈とは異なる視点でそのアートを紹介して来ました。ともすれば難解と思われがちな松澤作品を易しくユーモアたっぷりに読み解きます。

富井玲子(とみい・れいこ)
美術史家、ポンジャ現懇主宰 。ニューヨーク在住。大阪大学で修士課程を終了後、テキサス大学オースティン校で博士号取得。共同企画展に「グローバル・コンセプチュアリズム」(クイーンズ美術館、1999年)、「センチュリー・シティー」(テート・モダン、2001年)、「シノハラ・ポップス!」(ドースキー美術館、2012年)など。 日本語共著に『戦後美術と美術批評』(ブリュッケ、2007年)。単著『荒野のラジカリズム:国際的同時性と60年代日本の美術』を英文で執筆中(MIT より出版予定)。

*******

クロージングイベント「足立智美X松澤宥 ポエトリー・パフォーマンス」
2014年6月14日(土)18:00ー19:00
足立智美 (パフォーマー、作曲家、音響詩人)
※事前申込は必要ございません。

松澤宥は、1940年代に詩を発表し始めました。50年代にはグラフィックスコアのようなシンボルポエムも制作しており、これらの詩が読まれる機会はこれまでほとんどありませんでした。MISA SHIN GALLERYでは「松澤宥:消滅から始めよ」展最終日に、音楽家でありヴォイスパフォーマー、作曲家として国際的に活動している足立智美さんをお迎えし、松澤の言語による詩、記号による詩からポエトリー・パフォーマンスを上演していただきます。50年以上の時を経て、松澤の詩がどう蘇るかご期待ください。

足立智美(あだち・ともみ)
パフォーマー/作曲家/音響詩人。声、各種センサー、コンピュータ、自作楽器によるソロ演奏を始め幅広い領域で活動し、ヤープ・ブロンク、坂田明、ジェニファー・ウォルシュ、アネッテ・クレブス、M.C.シュミット(マトモス)、高橋悠治、一柳慧、飯村隆彦、石田尚志、伊藤キム、猫ひろしらと共演。インスタレーション作家、映像作家としてもキャリアがあり、非音楽家との大規模なアンサンブルのプロジェクトもおこなう。訓練されていない声のための多くの作品や、特異な記譜法を用いた作品を作曲している。世界各地 のオルタナティヴ・スペースの他、テート・モダン、ポンピドゥー・センター、ベルリン芸術アカデミー、ウォーカー・アート・センターなどで公演、2012年にはベルリン・メルツ・ムジーク現代音楽祭で個展を開催。詩人としてもベルリン・ポエジー・フェスティヴァル、ルイジアナ文学祭などに招聘されている。ACCの助成により2009-2010年ニューヨーク滞在、DAADより2012年ベルリン滞在作曲家としてドイツに招聘。http://www.adachitomomi.com

 

It is 50 years now since Matsuzawa Yutaka was visited with a revelation to “get rid of objects” on June 1, 1964 and decided to follow his epiphany after three days of deliberating whether he should create art that rejects relying on objects.
MISA SHIN GALLERY will hold a talk and a performance related to our current exhibition “Begin with the Vanishment” by Matsuzawa, in commemoration of the 50th anniversary.

Talk “Non-Sensorying Matsuzawa Yutaka”
Saturday, June 7, 2014,14:00-15:00
TOMII Reiko (Independent art historian, co-founder of PoNJA-GenKon)
In Japanese-language only
*No reservations required

We welcome Dr. Tomii Reiko, a New York-based independent art historian who will give a talk entitled “Non-Sensorying Matsuzawa Yutaka”. Tomii has introduced Matsuzawa in exhibitions including “Global Conceptualism” (Queens Museum of Art, 1999) and “Century City” (Tate Modern, 2001), with a perspective which is different from the Western context of Art. She will talk about Matsuzawa’s works, which are sometimes considered esoteric, with humor.

TOMII Reiko
Dr. Tomii Reiko is an Independent art historian who investigates post-1945 Japanese art in global and local contexts. Her research topic encompasses “international contemporaneity,” collectivism, and conceptualism in 1960s art, as demonstrated by her contribution to “Global Conceptualism” (Queens Museum of Art, 1999), “Century City” (Tate Modern, 2001), and “Art, Anti-Art, Non-Art” (Getty Research Institute, 2007). She has worked closely with numerous artists including Kusama Yayoi, Xu Bing, and Ushio Shinohara. She is currently writing a book-length manuscript, Radicalism in the Wilderness: International Contemporaneity and 1960s Art in Japan, to be published by MIT Press. She is a co-founder of PoNJA-GenKon.

*******

Closing event “ADACHI Tomomi X MATSUZAWA Yutaka Poetry Performance”
Saturday, June 14, 2014,18:00-19:00
ADACHI Tomomi (Performer/ composer, sound poet artist)
*No reservations required

Matsuzawa wrote many poems since the 1940s. Among his poetry works, he created symbol poems in the 50s, which are like graphic scores, yet there were not many opportunities to be performed in front of audiences. On the closing day of the “Matsuzawa Yutaka: Begin of Vanishment” exhibition, we welcome Adachi Tomomi, who is internationally active as a musician, voice performer and composer and he will give a poetry performance from Matsuzawa’s works “Art via Language” and “ Poem via Symbol”.

ADACHI Tomomi
Adachi Tomomi is a performer/composer, sound poet, instrument builder and visual artist. Known for his versatile style, he has performed his own voice and electronics pieces, site-specific compositions, improvised music and contemporary music in all over the world including Tate Modern, Maerzmusik, Centre Pompidou, Poesiefestival Berlin, Merkin Hall, Tempelhof Airfield, STEIM and Walker Art Center working with Jaap Blonk, Nicolas Collins, TAKAHASHI Yuji, Carl Stone, SAKATA Akira, Jennifer Walshe, ICHIYANAGI Toshi and OTOMO Yoshihide. As the only Japanese performer of sound poetry, he performed Kurt Schwitters’ “Ursonate” as a Japan premiere in 1996. Also he directed Japanese premiere of John Cage’s “Europera5″ in 2007. CDs include the solo album from Tzadik, Omegapoint and naya records. He was a guest of the Artists-in-Berlin Program of the DAAD for 2012. http://www.adachitomomi.com